一人じゃない! 彼女と共に!

私は一人で生きていく!
なんて言う人がいます。しかし、ほんとに一人だけで生きていけるのでしょうか?

実際は多くの人との関りの中で生きているってことに気づいていないだけだと思います。
誰とも関わらずに生涯を過ごすことはできません。よく言われるように「人」という字は支え合って「人」に文字を形成しています。
誰が一番近くで支えてくれているのかと考えると、家族が一番近い存在かも知れません。
家族以外の他人では誰かと考えた時に思い浮かぶのは「彼女」でした。
彼女と「お互いを高め合える関係でいたい」と常々話をしています。
足の引っ張り合いをするのではなく、少しずつでも互いに向上できるようにしようと約束をしています。
日々の中で時には悩むこと、葛藤すること等あると思います。
そんな時こそ恥ずかしがらずに彼女に話をします。
答えは出なくても、彼女と話をすることで救われることも沢山あります。
また、話をすることで彼女や自分の考えや思いを理解していくこともできます。
彼女と共に歩んでいくためには支え合うことができる関係になることだと思います。