歯周病にならないために

歯周病とはなんでしょうか。現象でいえば、歯をささえている骨が溶け、進行すれば最悪の場合、歯が抜けおちてしまいます。歯がなくなってしまえば、大好きだった食べ物がたべられなくなってしまうことだってありえます。人間の三大欲求のうちのひとつ、食欲が不完全な状態になってしまいます。

人生における大きな楽しみなものの一つを失わないためにも、歯周病の予防はしっかりとやっていきましょう。対策として、まずはプラークや歯石のケアを行うこと。加齢によって歯間の隙間は徐々に大きくなっていき、それにより食べかすなどのゴミがたまりやすくなっていきます。このゴミがやがてはプラークや歯石に変化していき、これらが原因で歯周病が発症します。プラークや歯石が原因、ということはそれを取り除けば結果的に歯周病対策になる、ということですね。かんたんに取り除くといっても、自分で歯石を取り除くことはできません。放っておけば、前述のとおり歯周病になってしまうので、ここはプロに任せましょう。つまり歯医者さんですね。どうしても歯垢は溜めってしまうものですから、定期的に歯医者さんにいってケアをしてもらいましょう。

ブリアン