結婚相談所にある独自の仮交際から本交際への移り方ってどうすればいいの?

結婚している当時は性格が合わないからと言って、お互い早く離婚したいと思い続けた日も確かにありました。

しかし、実際に離婚して独身に戻ってしまうとどうしても寂しさを感じてしまう寂しさを感じてしまいます。

バツイチの独身生活は気楽でいいやと思っていたのもほんの数ヶ月でした。

資料請求して結婚相談所のパンフレットを比較して思った、再婚をめざす男性の婚活への思い

離婚してバツイチになった私は前の妻と離婚して10年になります。

30歳の時に離婚したから、今じゃすっかり40代に突入した中年オヤジです。

やはりこのまま老後をむかえるのも不安になってきたので、再婚の2文字が頭をよぎりました。

そのため、もう一度、結婚生活を目指して再婚を目指して婚活することにしました。

今更、どのように婚活を始めようかと思ってネットで調べてみると、今は様々な形で婚活ができます。

  • 婚活パーティー
  • 婚活サイト
  • 結婚相談所

この中で中年の離婚歴がある男性なんかにしたら結婚相談所が一番無難なのかもしれません。

今更かもしれないが結婚相談所に入会して婚活の再開を考え始めました。

早速、結婚相談所に資料請求

届いて封筒の中から結婚相談所のパンフレットを開ける時、どこかワクワクしている自分がいました。

しかし、内容をよく確認してみると、男性と女性では結婚相手に求めることは違うらしいようです。

男性は女性に対して「ルックスと若さ」がメインに違いありません。
一方の女性は男性に対して「経済力をルックス」が大事な婚活ポイントのようです。

相手に気に入られるために、自分磨きも大切かもしれませんが、そもそも、結婚相談所に登録している女性がどのような男性を気に入るのか勉強する必要だと痛感しました。

いきなり、結婚相談所に行くのもいいですが、まずは各社複数から資料請求し比較検討することから始めないといけないのかもしれません。

どんどん、時間は経っていくが焦ってもしょうがないのでじっくり、パンフレットで調べてみることにしました。

結婚相談所における本交際と仮交際って何?

いろいろな結婚相談所のパンフレットを見ていてわかったことがいくつかあります。

それは普通の男性と女性の付き合いにはない、結婚相談所にある独自のシステムには驚いた。

それは、仮交際本交際という交際の違いです。

本交際とは真剣交際とも呼ばれたりするらしいですが、どうも結婚相談所でそれぞれ呼び方が違うらしいようです。

仮交際本交際のデートの仕方などで決定的な違いはないですが、あるとすればお互いの相手に対する思いです。

なぜなら、仮交際はいわゆるお友達期間ですが、本交際は結婚を前提にした恋人同士の関係性が前提の交際の関係です。

仮交際から本交際に移るタイミング

そのため、重要なのは仮交際からどのタイミングで本交際に移るかだと感じました。

仮交際の期間について言えば、もしお互いに興味があるなら積極的に連絡を取る方がいいのかもしれませんが、この期間が長すぎるのもいけないらしいです。

週に1回くらい直接会うようにして、3カ月以内には本交際に移るかどうか判断したほうがよさそうです。

この時に女性に声をかける場合は、一般的な「付き合ってください」の告白にあたるのかもしれませんが、40歳のおじさんになって、告白となっても恥ずかしいものです。


結婚相談所における仮交際から本交際への移り方