接触性皮膚炎と脂漏性皮膚炎による薄毛とは

薄毛の原因については色々ありますが、その中には炎症性脱毛症という頭皮が炎症を起こして脱毛する症状というのがあるのですがごぞんじでしょうか?あまりなじみがない抜け毛の原因ですが、人によってはがっつりと当てはまるような症状なので知っておくといいかもしれないですね。

薄毛で悩んでいる人は男性はもちろんですが女性でも結構多いです。その中で炎症性脱毛症という頭皮が炎症して起こしている脱毛の症状とはどのようなものなのでしょうか。

接触性皮膚炎はパーマやカラーリング剤などの刺激が強い液体が頭皮に接触し続けることによって起こる炎症になります。パーマやカラーリング以外にも、シャンプーやコンディショナーの洗い流しが不十分な場合でも接触性皮膚炎になる可能性があるので、十分に洗い流すことが大事になってきます。

脂漏性皮膚炎は頭皮のほかに鼻の周囲など皮脂の分泌が多いところで起こる症状になります。皮膚にいる真菌が皮脂を分解することで出る物質が皮膚に刺激を与えて発症すると言われています。

参照:炎症性脱毛症の原因と種類

炎症性脱毛症については上記のような感じになります。

結構見て見ると、整髪料などによって発生したりして結構普通にしていても発症する可能性が高い脱毛の症状なので、最近抜け毛が多いと感じているなら参考になるのではないでしょうか。