三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され

UQ WiMAXを契約すると、その利便性の高さにビックリさせられます。私が契約後に感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言う部分です。


自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですけど、速度制限でイライラする事が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも帯域制限はありますが、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX端末です。

こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあるのです。この3波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現可能にしている訳なのです。ですが、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限りがあるので、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。(GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンより抜粋)

と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからです。そんな理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく搭載されました。

加えて、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策がしやすくなりました。

UQ WiMAXサービスの強みは、帯域制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他モバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。

可能な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?けれども、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が準備されているところもあります。

具体的には、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダだと、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やテーマパーク、加えて、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画やミュージカル、展覧会やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXを手に入れると、WiMAX機器しか必要ないので、部屋の中がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。

モデムは月々レンタル料金が必要で、月額使用料金に追加課金されます。加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスが利点の一つと言えます。と言うのも、So-netのインターネットサービスはWiMAXのみに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で好評なのです。

付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSに対応してて、最大で5台の機器までセットアップする事が出来ます。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々なリスクを減らす事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典と言えます。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、少し他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。

そんな理由で、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然異なります。

具体的には、3回線を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダにはランナップされていません。WiMAXを利用する時、注意すべき速度制限が二種類存在します。

先ずは、月間データ量による速度制限、俗に言う7G制限って言われているものがあります。

二つ目は、混雑回避の為の速度制限と言われるものが存在します。

ギガ放題プランへ申し込む事によって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。ですが、混雑回避の為の速度制限に対しては適用となります。nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。
キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。
nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。
WiMAX端末が手元になくとも利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるサービスになってます。
モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスがあります。
例えば、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。
確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

この通信速度は、速度制限の掛かったWiMAXよりも遅いです。

そう言う理由から、速度制限が無いとは言えども、WiMAXを例に出すとすれば、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。

更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。勿論の事ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらのインターネットにも対応してます。WiMAXの月額料金ですが、実際の所、契約先によって金額が異なります。
具体例を挙げれば、Broad WiMAXの場合は初めに高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。
はたまた、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。
こう言った感じに、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。WiMAXの通信を行なう為には、専用の通信回線が必要です。次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末の機能は年々強化されています。

例を挙げると、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。その上、年々通信速度も速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、広いエリアで利用出来ます。
その上、800MHzのプラチナバンドを使用していますから、奥まった部分にまで電波が届きます。

その代わりに、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段は3種類のプランがあります。

28000円の高額な現金のキャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。そして、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。たまに、更に月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。

Broad WiMAXは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、特に月額最安プランが特徴的だったりします。月額最安プランの特性を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる点にあります。

とは言え、一定条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局のところ初期費用は支払う必要がありません。

他にも、いつでも他のインターネットサービスへ乗り換える事が出来るご満足保証と言った保証制度があったり、WiMAX端末が最短で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXの契約を行なうと、二種類のキャッシュバック特典から好きな方を選ぶ事が出来ます。
まず、キャッシュバックキャンペーンが契約13ヵ月目に貰える現金キャッシュバックで、もう一つが24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントを使ったキャッシュバックです。Gポイントでのキャッシュバックの方が受け取れる金額が若干多く、早い段階から貰えるのに合わせて、貰い損ねてしまうリスクも現金キャッシュバックよりも少ないです。

GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。
利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限に注意しながら使用する必要があります。他社のモバイルインターネットサービスと比べると、WiMAXの速度制限はある程度余裕を持たせています。

とは言えども、通信のし過ぎは速度制限の対象となってしまいますので、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。

だけども、速度制限対象となってしまった際にも、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。WiMAXと言うモバイルサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズです。ですので、auと連携したサービスが複数あります。

そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineなのです。

WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なうと、auのサービスの料金が安くなるサービスです。気になるWiMAXの評判なのですが、色々と言われています。例を挙げるとすれば、通信速度が遅いだとか、そう言った悪評も存在します。なのですが、WiMAXを取り巻く環境は毎日変化しています。な訳ですから、現状と口コミの内容が食い違うと言う事もしばしば起こり得ます。WiMAXに関する口コミを読む際は、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。
家電量販店にて、光回線を勧められました。
私はWiMAXを使っていますので、勿論ですが、そんなもの必要ありません。店員に対してそう言う回答をすると、呆れるような返事が返って来ました。
WiMAXは、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?しかし、WiMAXを使い続けている私から言わせて貰えば、天気によってWiMAXの受信具合が変わると言う事は一度もありませんでした。

大雨の中であっても、WiMAXの通信速度が落ちたり等と言った経験は一度足りともありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末内に装備されている4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事を指します。

その技術によって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言った速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。
それに加え、Bluetoothに対応していますので、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。

WiMAX通信を行なう為の端末は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。

特に、通信速度の向上が際立って、今の段階で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。

でも、ここのところは通信の速さよりも、総通信量に対する注目が集まっています。

最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。と言うのは、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、これが適用されやすくなったのです。なので、製造会社や使用者的には、ここを意識しているのです。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。

貰えたGMOポイントはBBウォレットで100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。
BBウォレットの残高に現金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。
他には、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も可能です。

WiMAXのサービスの中で、一番サポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。

WiMAXサービスに対する情報を最も把握していますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長です。しかしながら、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店に申し込みをすると言う方法もあります。

代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが出来ます。
WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円も掛かります。

結構な金額となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。
そこで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末のプレゼントキャンペーンを行っています。
プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。
WiMAXの特性としては、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。無線ですし、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。それに合わせて、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運び性が高いです。

そんな部分を考えると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。

そう言う所から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。WiMAX機器のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。
と言う事で、携帯するのに便利です。ポケットに収まる大きさですし、重量も厚みも大した事なく、ポケットが膨らんでみっともなくなるような心配は無いです。
ワイマックス端末は、スマホアプリを使用して操作可能です。

そう言う事で、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。
WiMAX通信専用のデータ端末は、年々新製品が発売されます。個々によって性能が異なり、スペックも異なります。その中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売でしょう。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応していて、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。