クローン人間の人間性はどうなるんだろう?

いつだったかな、数日前にTVでクローン人間を作ろうとした医学博士だったかの話を放送してた。それを見ていて思ったんだけれど、クローン人間って見た目も体の中身も全てコピーされるんだろうけど、『心』の部分までもコピーされるのかな?その医学博士がクローンを作ろうとした理由は「世界が驚くような研究結果を残したい!」という虚栄心のようなプライドが垣間見えるものだった。”ひとの為”という意識がどこか欠けているような部分が大きかったように私は感じた。

ただその虚栄心の結果、例えばクローン人間ができたとして、それは使い方を間違えなければ”ひとの為”にもなり得る要素は多大にあるとは思う。倫理観の観点で見ることを除けばね。でも、実際クローン人間ができたところで、その人も誰かから生まれてくるわけだよね?それで、そのあといろいろとお世話をしてもらって、いろんな人から愛情を注がれて、いろんな人と関わって大きくなっていくわけでしょ?ということは、いくら遺伝子レベルで同じ人間だとしても、心は環境で育っていく部分が大きいんだから、自分と全く同じ人間になんてならないと思うんだよね。例えるなら、一卵性の双子ちゃんがそうじゃないかな?一卵性の双子ちゃんも遺伝子が同じだけど、内面の似てる部分もあるけど、考え方も違うし、すべての事柄に対する感じ方も全く同じじゃない。そういうものになったりするんじゃないのかなぁ。そしたら、そのクローン人間は、コピーだけどひとりの人格を持った人間ってことになるよね。今回の医学博士は、クローン人間の受精卵が育たなくて断念することになってしまったらしいけど、これからも同じようなこと考える人がいそうだなって思った週末でした。難しい問題だよね、ほんと。はははのは amazon