土地があってよかったです

20年くらい前に自宅を新築しました。実家の隣に少し大きめの土地があったので、そこに建てる事にしました。どのような家を建てるか妻と話し合い、妻の希望もあって輸入住宅と決めました。

特に知り合いの施工業者もなかったので、市内のいろいろな輸入住宅を見て回り、気に入った家の持ち主に施工業者を教えてもらって我が家も担当してもらう事にしたのです。設計の段階から何度も業者と打ち合わせを交わして、ほぼ希望通りの家になりました。壁の色は妻が前々から要望していたように、赤毛のアンの家をモチーフにしたカラフルな仕上がりです。元々は土地と家の両方を買うつもりだったのですが、先述したように土地代はまったくかからなかったので、その分だけ新居の内装にはかなりこだわる事が出来ました。柱や床材等も出来るだけ耐久性のある資材を使って仕上げてもらえたので何より満足でした。実際に住んでみても輸入住宅ならではのゆったり感があって、落ち着いて暮らす事が出来ています。田舎なのでまわりの住宅は殆どが和風の家ですが、その中に洋風の家が一軒だけぽつんとあって、少し恥ずかしい気持ちがする反面、実はちょっぴり誇らしいというのが正直な感想です。
太陽光発電 メリット デメリット